2017/05/18

平成28年度 事業報告書

28年度の事業のまとめです

ごあいさつ
平成20年の11月「岡崎市図書館交流プラザ りぶら」のオープンとともに発足した「りぶらサポータークラブ」も、「りぶら」と共に成長し、各方面から注目される団体となってまいりました。「りぶらサポータークラブ」は、りぶらを利用する方・働いている方、そして多くの市民の皆様のサポートを目的として活動しております。市民と行政が協働して企画運営する事業を実現するために、昨年度からは例年の事業に加え、「ハッピーハロウィンりぶら」・「With You フェスタ」の運営にも携わっております。

市民同士が学び成長しあう「りぶら講座」も、24年度の開講以来1,019講座に延べ8,468人もの方が参加してくださいました。多くの方が「学びたい、教えたい」と、生涯学習に意欲があることが証明されていると思います。これをきっかけに岡崎市全体に広がって、市民の生涯学習が推進されていくことを期待しています。

認知度の上がってきた「シネマ・ド・りぶら」では、図書館資料を活用した往年の名画や最新の映画を楽しんだり、大階段を利用した「冬のコンサート」では、高校生・PTA・趣味の合唱グループの合唱を楽しんでいただきました。

また「外国人が日本語の歌を歌うのど自慢大会」では、ブラジル・フィリピン・アメリカ・ネパール・インドネシア・中国・ベトナムと、いろいろな国の方が参加してくださいました。プロ顔負けの方もあり、皆さん歌の好きな方で、顔なじみの方も出てきました。会場には日本人も多く、「りぶら」での国際交流のきっかけになっていると思います。

普段はこのような地道な活動をつづけながら、「りぶら」が日常的に市民の活動場所になるように中間支援組織としての側面も意識して努力しています。しかし、まだ「りぶら」に来たことのない方にも足を運んでもらうため、また、多くの市民団体どうしの交流のため、秋には「りぶらまつり」を行っています。28年度も2日間で14,000人以上の来館者がありました。普段は別々に活動している団体が実行委員会を通して顔なじみになり、その後のつながりに発展して行くことを願っています。

これまでの活動を踏まえ、29年度もより充実した活動を展開したいと思っています。どうぞ、ご支援をよろしくお願いします。


りぶらサポータークラブ
代表 杉浦 仁美

ホームへ先頭へ前へ戻る